発信!おらがまちから

ホーム > 発信!おらがまちから > 最上町

最上町

最上町のイチオシ!~みちのくまいたけ~

四方を山で囲まれた緩やかな盆地となっており、清らかな水と澄んだ空気に恵まれた土地でまいたけは育っています。国産オガ粉を100%使用して栽培しており、シャキシャキとした歯ざわりで、しっかした香りがあるのが特徴です。令和2年度県全体で186.95tの生産量があり、内最上町では109.9tと約6割を占めています。

みちのくまいたけは、有限会社マッシュハウス最上と農事組合法人サンフレッシュで生産されています。

おいしさの秘密

遺伝子組換え栄養資材は一切使用していません。高品質を維持するため、栽培環境、衛生管理及び地下水の水質検査を徹底しています。冷蔵庫の数が多くあり、収穫から出荷までの温度管理を徹底し、新鮮なものを新鮮なうちに供給できる体制を整えています。絶やすことなく保冷状態を保ち、消費者のもとに届くまで品質管理の徹底に努めています。

栄養満点!きのこレシピ

低カロリーで栄養も抜群。クセがなく料理との 相性もバッチリのきのこを使って、いろいろな料理にチャレンジしてみませんか?

パンときのこのソテー
おしゃれなおつまみが簡単ラクラク。きのこの風味をしっかり包んだ香ばしい 味わいのパンは、ワインにもぴったり。

まいたけのミルクスープ
手軽にほっこり。まいたけと冷蔵庫にある野菜で、お子様も大好きなミルクスープを。心と体に優しい一皿。

まいたけと牛肉の醤油スパゲッティー
香り高いまいたけと、うまみたっぷりの牛肉は相性抜群。バターで炒めて風味豊かに仕上げた和風スパゲッティーです。

まいたけ麻婆
マーボーとまいたけ⁉意外な組み合わせがハマる! 香味野菜とまいたけの味わいにお箸が止まらなくなる一品です。

持続可能な社会を目指して

食の安全・労働安全・環境安全を継続的に改善する為、多くの企業がJGAP認証を取得しています。

また、最上町では、森林資源と廃菌床等を有効活動し、資源循環型農業の確立を目指していきたいと考えております。廃菌床は、現在、主に牛糞を堆肥化発酵するために欠かせない敷き藁の代用として使用し、最上町の主要品目であるアスパラガスの堆肥として使用することで持続可能な農業を進めておりますが、その他、バイオマス燃料としての利用にも注目しています。